比べるインターネット!

フレッツ光・auひかり・ソフトバンク光などのインターネット回線を比べて、自分にとって何が一番お得な光回線なのかを紹介します!

ドコモ光とOCN光を評判・速度・料金全部比較!

2017年12月7日に、MM総研より2017年9月末時点のブロードバンド回線事業者の加入件数調査の結果が報告されました。
MM総研とは、ICT市場専門のリサーチを行い、企業コンサルティングを行っている会社です。

今回の調査結果により、光コラボレーション契約数が1,000万件を突破したとし、各キャリア・プロバイダのシェア率を公表しています。

今回は、MM総研社が公表した調査結果をもとに、光コラボシェア率NO.1のドコモ光と、プロバイダシェア率NO.1のOCNが提供しているOCN光を徹底比較していきます。
さて、結果やいかに・・・?

ドコモ光はフレッツ光に次ぐシェア率

「光コラボレーション事業」が2015年にスタートし2年が経過しましたが、いまだに第一位のシェア率を誇っているフレッツ光。

ちなみに、光コラボレーションとはフレッツ光回線を卸受けて別の事業者が自社のサービスを不随して光回線の提供することを指します。ドコモ光やソフトバンク光は、フレッツ光回線を利用している光回線なので、品質はフレッツ光と同じで、速度・提供エリアともにフレッツ光と同じ。

光回線とプロバイダ事業が一本化することで、ネット代も自然と約1,000円ほど安く抑えられるうえに、有名携帯電話キャリアが提供しているドコモ光やソフトバンク光などは携帯電話と光回線をセットで利用することで、割引を行う「セット割」を展開し、ドコモユーザー・ソフトバンクユーザーに大きな支持を得ました。

フレッツ光を使い続けるよりも、光コラボに乗り換え(転用といいますが)たほうが断然お得なのに!なんでこんなにシェア率が高いのでしょうか。

個人的な見解になってしまいますが・・・
◆光コラボをそもそも知らない
◆NTTの安心感
◆一度光コラボにしたけど不満爆発でフレッツ光に戻した
この辺りが有力でしょうか・・・。

光コラボ事業が始まったころ、あたかもNTTのような素振りを振る舞う悪質な業者が「フレッツ光を使い続けるよりも安いですよ」「フレッツ光はそのうち無くなるんですよ」的なことを言って、行政指導の入っている業者もあるほどです。
そんなトラブルに巻き込まれた方々は、フレッツ光に戻したい!そんな思いをしている方も多いようですね。

プロバイダシェア率一位はOCN

右は、プロバイダシェア率の表ですが、こちらのシェア率第1位のOCNに関してもNTTコミュニケーションズが提供しているプロバイダ。ちなみに、第5位につけているplalaもNTTぷららが提供しており、2社は完全に別会社。

ちなみにインターネット回線のシェア率第一位のフレッツ光とシェア率第二位のドコモ光はに関しても完全に別会社です。
フレッツ光はNTT東日本・NTT西日本が(この2社も完全に別会社)、ドコモ光は携帯電話のdocomoを運営している「NTTドコモ」が提供している光回線です。

NTTグループだけでインターネット業界のシェア率は半分を占めていますので、やはり勢力は衰えないというところでしょうか。

ドコモ光はプロバイダが選択できる

ドコモ光が他社の光コラボと比較して違う点は「プロバイダが選択できる」という点。

ソフトバンク光を例にとると、プロバイダはソフトバンクグループの「Yahoo!BB」のみ。
しかし、ドコモ光の場合は26社の中からプロバイダを選択することができます。

もともとフレッツ光を利用していた方々は、26社も選択できるプロバイダがあればフレッツ光を利用していた時に契約していたプロバイダが、ドコモ光でも利用可能でしょうし、そのまま移行しても何の違和感もなくドコモ光に転用することができるのです。

以上のことが理由かどうかはわかりませんが、ドコモユーザーでドコモ光を利用している友人が先日こんなことを言っていたことを思い出しました。

「ドコモショップに機種変に行ったら、いつの間にかドコモ光になっていた」

なるほど、ドコモ光のシェア率は、日本一の携帯電話のユーザー数を利用した「転用」によるシェア獲得だから、日本一プロバイダシェア率を誇る「OCN」が提供している光コラボ「OCN光」が上位に食い込んでこないこともちょっと納得できるな、と想像したところであります。
一言断っておきますが、完全に持論ですので悪しからず。

ドコモ光とOCN光はどちらが安い??

ここまで話してきたように、ドコモ光もOCN光も同じ光コラボレーションモデルで「フレッツ光回線を利用している」光回線です。事業者が、同じNTTグループとは言え別会社というだけ。
物理的には品質は同じはずですが、月額料金や初期費用などを比較してみましょう。

    ドコモ光(プロバイダOCN)OCN光
 ホームマンションホームマンション
 月額料金 5,400円4,200円 5,100円3,600円
 契約期間 2年自動更新契約  
 工事費ホーム? 18,000円・マンション?15,000円
(転用申込(フレッツ光を利用していた方)は無料)
 解約金 13,000円8,000円  11,000円
セット割 ドコモ光パックOCN光モバイル割

ドコモ光のメリットはドコモ光パックのみ

比較してみてわかるように、ドコモ光のメリットはドコモユーザーがドコモ光とセットで利用すると、家族のスマホがお得になるサービスのみ。ということが良くわかりますよね。
月額料金を比較してみても、ホームに関しては300円、マンションタイプに至っては、600円も差があります・・・!

OCN光モバイル割とは??

ちなみに、OCN光モバイル割は、OCNがサービス展開している格安SIMとプロバイダOCNのセット割です。

NTTコミュニケーションズが提供している格安SIM「OCN モバイル ONE」という名称で、個人的にはレンタルビデオ店のGEO(ゲオ)でのぼり旗を見たことがあります。

OCN光モバイル割のすごい所は、格安SIM業界でも珍しい、最大5契約まで割引してくれること。

こちらの統計も、MM総研による最新の発表データですが、ここでもOCNのSIMがかなりシェア率の高いことがうかがえます。今後も格安SIM業界がどんどん拡大していくことを考えると、ますます期待値の高いサービスですよね。

ドコモ光パックはそもそもお得なのか・・・?

ドコモ光のドコモ光パック(光セット割)は、実は結構酷評が多く「ややこしい」「案外安くならない」などの声が多いのも事実。

ウルトラシェアパックを展開しているドコモにとって、超大容量のウルトラシェアパック100などを利用しているご家庭では、最大3,200円割引されるので、「お得♪」と思いがちですが、自宅に光回線があるユーザーにとって、そんなに大容量はそもそも必要ありません。(自宅ではwifiを利用できるから)
➡ 参考:スマホのデータ容量は2Gで充分!自宅にwifi環境を整えよう

そうなんですよね、ショップで言われるがまま契約しちゃうとこのような事態になりかねません。

➡ ドコモ光はキャンペーンもセット割も微妙。契約する前にこちらをチェック

高いし遅い、ドコモ光

今は何でも思ったことを気軽に呟いてしまう世の中。
Twitterだからこその本音が沢山ツイートされていますのでいくつかピックアップしてみましょう。

総評を述べる必要もなさそうですね・・・。
もちろん、満足しているツイートもあるのですが、もっとお得な回線があるんだよ!と声を大にして言いたいです。

OCN光も実は高いんです

ここまできたらOCN光をおすすめするのかと思われた方も多いかもしれませんが、実はOCN光も実は、高くて遅いのです。。。
ここは同じNTTブランドを掲げているからでしょうか。

OCN光ビッグローブ光ソフトバンク光@nifty光楽天光auひかり
5,100円4,980円5,200円2年間:4,500円
3年~:5,200円
4,800円1年目:3,900円
2年目:5,000円
3年~:4,900円
※ホームタイプで比較

ここで紹介している光回線はauひかりを除いてすべて光コラボレーション。OCN光と同じフレッツ光回線を利用し、プロバイダが違うだけ。
ちなみにauひかりは独自回線をKDDIが引いているので、光コラボなどのフレッツ光系とは全く違う回線になります。

ソフトバンク光の安さはあまり際立ちませんが、ドコモ光と大きく違う点として、セット割(おうち割)で家族で最大10回線まで・毎月割引してくれる、という点。なので、安い通信費をトータルで見るとかなり安くなります。

また、OCN光同様、格安SIM業界も展開している各プロバイダのネット料金はこぞって4,000円台。
OCN光の高さが際立ちますよね。

そして、極めつけに「プロバイダシェア率」の話が。
プロバイダOCNを利用している人が多いので、その分回線をみんなで分け合っているイメージ。ユーザー数が多いから安心、ではなく、ユーザー数が多いから混んでいる。これが結論です。

Twitterでも、怒りを通り越して呆れている方も多く、、、ちょっとかわいそうなくらいです。

まとめ

シェア率の高いドコモ光とOCN光について比較してきましたがいかがでしたか??
安心感から「NTT」を最初に検討しがちですが、案外そんな時代も一昔前に終わったと言ってもいいかもしれませんよ。

老舗プロバイダからも質の高い光回線が提供されていますので、ぜひ他の回線にも目を向けてみてくださいね。

光コラボおすすめランキング

👑1位👑ソフトバンク光

公式キャンペーンが魅力!

現金キャッシュバック最高額!
新規:35,000円
転用:15,000円

月額基本料金:ファミリータイプ¥5,200 マンションタイプ¥3,800

ソフトバンク光はキャンペーンがすごい!
■あんしん乗換キャンペーン■
他社からの乗り換えの違約金を最大10万円までソフトバンクが負担してくれる!
■WiFiルーター無料レンタル■
インターネットを利用しながらソフトバンク光の開通まで待つことができる!
おうち割光セットスタートキャンペーン
他社携帯から乗り換えておうち割光セット加入したら最大10,260円還元!
■期間限定キャンペーン■
今だけ!ソフトバンク光のキャンペーン!

公式キャンペーンだけでなく、現金キャッシュバックもとっても魅力的!
ソフトバンクやY!mobileユーザーはセットで更にお得に使うことができます♪

👉ソフトバンク光おすすめ代理店キャンペーンまとめ

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

👑2位👑ビッグローブ光

販売代理店限定3年プランで最安値!
月額基本料金
ファミリータイプ¥4,980
マンションタイプ¥3,980

新規でも転用でも♪
現金キャッシュバック😊
移転工事費何度でも無料😊

人気プロバイダBIGLOBEで安心♪
公式サイトでは申し込めない販売代理店限定の3年プランで、光コラボの中ではずーっと最安値で使うことができるビッグローブ光!

👉ビッグローブ光おすすめ代理店キャンペーンまとめ

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光キャンペーン

👑3位👑@nifty光

24ヶ月割引で激安!
月額料金ファミリータイプ¥4,500
    マンションタイプ¥3,400
新規でも転用でも♪
新規:15,000円
転用:5,000円
必ずキャッシュバック!

auセット割で更にオトクに♪

@nifty光の公式キャンペーンで、24カ月間の月額料金は光コラボ最安値!しかも初月無料♫
キャッシュバックもオプション不要です☆
他社光コラボでは自社転用ではキャッシュバック対象外にも関わらず、@nifty光はフレッツ光+プロバイダ@niftyの方でもキャッシュバック対象!

👉@nifty光のおすすめ代理店まとめ

ニフティ光への申し込みはコチラから

auスマホとセットでお得!

👑4位👑OCN光

公式キャンペーン2年自動更新型割引で
ずっと安い!!


新規でも転用でも♪
現金キャッシュバック😊

 

NTTグループの安心感!人気プロバイダOCN♪
2年間更新型割引で月額料金がずっと1,100円割引!

👉OCN光おすすめ代理店キャンペーンまとめ

OCN光への申し込みはコチラから

OCN光キャッシュバックキャンペーン

👑番外編👑auひかり

公式キャンペーンも魅力的!
独自の回線で速度も安定!

光コラボよりも安くて
現金キャッシュバックも高額!

KDDI独自の回線を利用しているので、フレッツ光回線を利用している光コラボよりも、速度も速くて安定していると評判!
月額料金もファミリータイプ1年目¥5,100・2年目¥5,000・3年~¥4,900で利用することが出来るので、安い!
光回線の中で一番高額なキャッシュバック金額でお得!
auのスマホを持っていたら、スマホ割りも魅力的です★

👉auひかりオススメ代理店キャンペーンまとめ

auひかりへの申し込みはコチラから

必ずもらえるキャッシュバック

管理人

ピカコ

ピカコ

比べるインターネットの管理人のピカコです! [詳細]

人気記事


2019年最新版ソフトバンク光おすすめ代理店ランキング 2019年最新版ビッグローブ光おすすめ代理店ランキング 2019年最新版楽天光おすすめ代理店ランキング 賃貸向けインターネット回線比較★おすすめランキング2019 料金・速度・キャンペーンなど部門別おすすめナンバーワン! 解約違約金0円!縛りなしの工事費無料インターネット回線ベスト4選