比べるインターネット!

フレッツ光・auひかり・ソフトバンク光などのインターネット回線を比べて、自分にとって何が一番お得な光回線なのかを紹介します!

4つの固定料金プラン見直しおすすめ方法。for au

auユーザーの皆さんこんにちは。

私も、auユーザーです。auポイントがPontaポイントと統合しましたね!

コロナ禍で家庭で過ごす時間が増え、断捨離したり。家計の見直しをしているご家庭も多いかと思います。
(私は年賀状の当選確認をしました笑)

今回はauユーザーのための家計見直しをお手伝いしたいと思います。

★au携帯料金の見直し
★ネット回線の見直し
★でんきの見直し
★ガスの見直し

以上について一緒に勉強しましょう(^^♪

au携帯料金プラン

さっそくauの携帯料金プランを紹介していきます。

現在auで提供している料金プランは大きく分けて2つ。

  • データ容量無制限のもの
  • 使った分だけ利用料を支払うもの

データ容量無制限の料金プランでは、5G対応プランもありますがエリア内に入っている人はごくわずかで、普及するのもまだまだ先のことかと思うので、今回は除外します。

au公式HPの料金プラン紹介ページは多くの割引を適用し、最安価格を紹介しているので正直言ってあてになりません。
わざわざショップへ行くこともなく、マイページで料金プランの変更もできるので、このページでよくご検討なさってください◎


●データ容量無制限!データMAX 4G LTE●

プラン名データMAX 4G LTEデータMAX 4G LTE Netflixパック
テザリング上限30GBまで60GBまで
基本料金
(2年自動更新)
7,480円8,480円
家族割+2人:▲500円/月 割引
3人:▲1,000円/月 割引
4人~:▲2,020円/月 割引
自動割データ使用料が2GB以内で済んだ場合
▲1,480円/月 割引

●使った分だけ!ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)
4GB以内のデータ使用料で済んでいる人向け。

データ使用料~1GB~4GB~7GB
基本料金
(2年自動更新)
2,980円4,480円5,980円
家族割+2人:▲500円/月 割引
3人:▲1,000円/月 割引

上記2つのうちどちらかと、別途通話料金プランも3つのうちから選択します。

■通話料は3つから選択

使った分だけ5分以内通話し放題かけ放題
20円/30秒800円1,800円

家族間は通話料もSMSも無料です。
無料通話アプリばかりでほとんど通話しない!という場合は、使った分だけ、プランで問題ないでしょう。

料金プランを変更したら、解約違約金9,500円→1,000円になる

料金プラン2019年9月受付までの料金プラン現行新料金プラン
2年自動更新
契約更新月以外の解約違約金
9,500円1,000円

旧料金プランをまだ利用している方は、契約更新月以外の契約解除料金が10,000円近くかかります。
現行の新料金プランへ料金見直しをするだけで、契約解除料金も1,000円に減り、月額利用料金も安く済むので今すぐにでも携帯料金プランの見直しおすすめします。

料金プランの変更はWEBから無料でできる

auを解約するわけではないので、料金プランの変更は無料でできます。
特にauから乗り換えるつもりがなくとも、リスクは減らしておきたいものです。
万が一、auを解約せざるを得なくなったとき、契約更新月を気にして数か月我慢するのもストレスですしね。

auスマートバリューを組むともっと安くできる

auスマートバリューは、自宅のネット回線と固定電話を契約した場合適用することができる割引サービス。
料金プランによって割引額が変わります。

料金プランデータMAX 4G LTE
 (Netflixパック含)
ピタットプラン 4G LTE
(新auピタットプランN)
割引額▲1,000円割引/月~1GB:対象外
2~7GB:▲500円割引/月

上記割引が、家族でMAX10回線まで適用することができ、携帯料金から割引されます。

50歳以上の離れている家族も割引対象

auスマートバリューを適用する場合は離れている家族も割引対象になるので、家族みんなauで回線が多いほどお得になります。

auスマートバリューを適用するには自宅にネット回線が必要

繰り返しになってしまいますが、auスマートバリューを適用するためには、自宅にネット回線を引かなくてはなりません。それから、固定電話も。

データ容量無制限プランならネット回線不要説
→ネット回線は”固定回線”で自宅にあったほうが絶対いい!

ネット回線はマンションタイプで平均月額4,000円、戸建てタイプで平均月額5,000円程度。auスマートバリューを適用するためには、プラス固定電話月額500円が必要です。

携帯料金の割引を受けるためだけにauひかりなどのネット回線を引くことはおすすめしません。
だってauの料金プランはデータ容量無制限で利用できるんですから。

しかし、コロナ禍で進んだテレワークやオンライン授業はもちろん、オンライン飲み会(結構重要)など、携帯電話のデータ容量無制限だけではかなり限度があります。

テザリングは月に30GBまで

オンライン会議や授業は画面が小さいと不便なのでPCなどで行いたいものです。
auのスマホをモバイルルーターのように使える”テザリング”ですが、データMAX 4G LTEで月に30GBまで。データMAX 4G LTE Netflixパックで月に60GBまで。

他にも任天堂スイッチなどのオンラインゲームまで入ってくると、テザリングで30GBはちょっと厳しいんじゃないかな、と思いますね。
Twitter上でも、auのデータ容量無制限プランのテザリングでオンラインゲームをしているユーザーの声もありましたが、案の定足りなくなって嘆いていらっしゃいました。

データ容量はもちろんですが、ネット回線そのものの安定性などは、やはり固定回線には敵いません。

インターネット回線はauひかり一択ではない

となれば、次に見直すべきはインターネット回線。
auユーザーにとって、最初に検討すべきはauひかりですが、実は選択肢はauひかりだけではありません。

auスマートバリューが組めるネット回線日本地図

KDDI系列地図

他にも、NTTが提供しているフレッツ光回線を卸し受けて提供しているネット回線【ビッグローブ光】【So-net光プラス】なども候補にあがります。

auひかりなら請求がまとまって楽。

auひかりにすると、Myauでインターネット回線の利用料金なども確認できるし、請求がまとまるので、管理はしやすいです。auショップがある安心感もありますよね。

コミュファ光・eo光エリアはauひかりはエリア外

とはいえ、auひかりは引きたくても引けない人も多くいらっしゃいます。
まず、auひかりが引けるかエリア確認をしましょう。もしエリア外であれば、他のauスマートバリューが適用できるネット回線を選択肢に挙げます。

候補東日本東海関西中国四国九州沖縄
おすすめauひかりコミュファ光eo光MEGAEGGピカラ光BBIQauひかりちゅら
auひかり
第二候補引っ越し予定がある人:ビッグローブ光
他社ネット回線の解約違約金が発生する人:So-net光プラス

電力会社系列のネット回線は顧客満足度NO,1回線ばかり

コミュファ光やeo光など、地域限定のネット回線は、電力会社系列の会社が事業者となり提供しています。

地域限定のネット回線は、何より安い。そして回線速度も速いと定評があるところばかりで、各地域顧客満足度NO.1を何年も連続で獲得しています。

地域密着型で地元に根付いたサービス提供をしているのも、ユーザーの満足度を押し上げてくれている印象です。

全国展開しているビッグローブ光は転勤族の皆さんにおすすめ

フレッツ光回線を卸し受けて提供しているネット回線、ビッグローブ光とSo-net光プラスでもauスマートバリューを適用することができます。

ビッグローブ光は、”移転工事費何度でも無料”というサービスがついてきます。
電力会社系列のネット回線は、電力会社管轄内のみのエリア提供なので他の地域に持ち出すことができません。

日本全国に引っ越しリスクのある方には、ビッグローブ光がおすすめです。

一方、So-net光プラスは、他社解約違約金最大5万円まで還元キャンペーンを行っています。
現在のインターネット回線を解約する場合に万が一解約違約金が発生しても、還元してくれるのはありがたいキャンペーンですね。

各社インターネット回線料金

それぞれ月額利用料金(auスマートバリューを適用する場合)は下記の通りです。
auスマートバリューを適用する場合は光電話の契約が必要なので、込みの料金を記載します。
また、auひかり・コミュファ光・eo光では、超高速ネット回線(最大速度5Gbps・10Gbps)の提供もしていますが、条件を同じにすべく最大速度1Gbpsの月額利用料金で表記します。

最大速度1G psの場合🏠
戸建タイプ
🏢
マンションタイプ
◎メリット
▲デメリット
auひかり1年目:5,600円
2年目:5,500円
3年~:5,400円
4,300円~◎違約金還元
◎Wi-Fi付
▲撤去費必須
コミュファ光1年目:3,930円
2年~:4,930円
1年目:3,200円
2年~:4,200円
◎違約金還元
◎Wi-Fi付
▲撤去費必須
eo光1年目:3,239円
2年~:5,239円
建物による◎違約金還元
▲撤去費必須
メガエッグ4,700円3,700円◎違約金還元
◎移転工事費無料
◎セキュリティ付
ピカラ光5,400円4,200円◎セキュリティ付き
◎Wi-Fi付
BBIQ1年目:4,500円
2年~:5,500円
4,300円~◎移転工事費無料
◎セキュリティ付き
◎Wi-Fi付
▲撤去費必須
auひかりちゅら5,600円4,400円~◎Wi-Fi付
▲撤去費必須
ビッグローブ光5,480円4,480円◎移転工事費無料
So-net光プラス6,080円4,980円◎違約金還元
◎セキュリティ付

各社インターネット回線工事費は無料

auスマートバリューが適用できる上記ネット回線は、すべて工事費実質無料・もしくは完全無料なので、初期費用も気にすることなく申し込み・契約することができます。

乗換キャンペーンで他社解約違約金還元してくれる

auひかり、eo光、コミュファ光、So-net光プラスの4社は、他社のインターネット回線をご利用中で乗り換え時に解約違約金が発生した場合、還元してくれるキャンペーンを実施中です。

注意点!解約時に撤去費が必ずかかるネット回線

auひかり、コミュファ光、eo光、BBIQ、auひかりちゅらの5つのインターネット回線は、万が一解約する場合、”回線撤去費”が必ず発生します。
auひかりに関していえば、なんと28,000円!

契約更新月以外に解約すると、さらに解約違約金が発生してしまいますので、注意しましょう。

auスマートバリュー必須オプション”光電話”は通話料も安い

月額基本料金通話料
500円
(上記料金表には含まれた金額で表記しています)
日本全国一律:8円/3分

現在NTT東日本・NTT西日本のアナログ式の固定電話を利用中の方は、月額基本料金が毎月2,000円近くかかる上に、距離が離れれば離れるほど通話料金が高くなってしまいますよね。

通話料料金も光電話に切り替えると月額基本料金が500円で済みますし、通話料金も全国一律料金で市内への電話と同じ金額で利用することができます。

光テレビもまとめると、NHKの受信料がお得になります

光テレビ4つのメリット

ネット回線NHK団体一括支払対応ネット回線NHK団体一括支払対応
auひかり地デジ視聴不可コミュファ光
eo光メガエッグ
ピカラ光BBIQ
ビッグローブ光×So-net光プラス×

テレビは、アンテナを立てて電波を受信して観るのが一般的ですが、”光テレビ”という選択肢もあります。
光ファイバーケーブルを使ってテレビを受信するので、アンテナを立てる必要がありません。
※ただし、auひかりは地デジ視聴に対応していません

天候や電波障害に左右されず、台風が来ても大雪が降っても、クリアな映像でテレビを視聴することができます。

また、電力会社系列のネット回線各社では、”NHK受信料の団体一括支払い”があり、普通に個別で支払いをするよりも数倍お得。

税金のように割引を受けることができないNHKの受信料が安くなるので活用しない理由はありません。
光テレビについて詳しく知りたい

代理店をフル活用すると一石二鳥

保険のように、ネット回線も代理店を活用することがおすすめです。
近所の家電量販店などでもOKですし、公式HPでもそれぞれお得なキャンペーンを実施していますが、WEB上の代理店サイトで申し込み・契約をすると、公式キャンペーンと代理店独自のキャンペーンをWで受け取ることができるのでとってもお得。

もちろん、申し込み経路によって、月額料金や契約期間など変動することはありません。

★おすすめキャンペーンサイト

ネット回線キャッシュバック
キャンペーン
ネット回線キャッシュバック
キャンペーン
auひかり52,000円コミュファ光30,000円
eo光10,000円メガエッグ20,000円
ピカラ光25,000円BBIQ10,000円
ビッグローブ光26,000円So-net光プラス15,000円

上記はeo光以外は株式会社NEXTという代理店のキャンペーンサイトを紹介しています。
株式会社NEXTは、全国の電力系ネット回線とフレッツ光回線など取り扱い回線が多いので、auユーザー以外にもおすすめできるネット回線の代理店です。

エリア確認や料金比較もいっぺんに済ませてくれるので一度問い合わせてみてもいいかもしれません。
株式会社NEXTのHP

auでんきは損はしない

auでんき※KDDI公式より引用

鬼ちゃん(菅田将暉さん)でお馴染みauでんき。
今ならネット回線と一緒にお得にauでんきを始めることができます。

利用額に応じてPontaポイント還元

auでんき
利用額
5,000円未満8,000円未満8,000円以上
Pontaポイント
還元率
1%3%5%

auひかりは、各電力会社の料金形態はそのまま◎
使った分の料金に応じてポイント還元を受けることができます。

電力自由化において、電気代が高くなってしまうケースもあるようですが、auでんきでは料金形態は従来通りなので高くなることはありません。

電気代がわかりやすい・請求もまとまる
→管理しやすいしおすすめ

 

比べるインターネット管理人宅・電気代※比べるインターネット管理人ピカコの2019年7月の例

auでんきはアプリで管理することができます。
使った電気代を毎日チェックすることができますし、年間でどれくらい使ったのか、どの時期に電気代が多くかかるのかなどチェックすることができます。

他にも、携帯電話の請求と併せてauでんきの電気代も請求されるので、管理しやすくおすすめです。

都市ガスとくとくガスプラン for au

都市ガスfor au※KDDI公式より引用

東京電力
エリア
🐰
関西電力
エリア
🐻
中部電力
エリア
🐱

上記3つの電力会社エリアにおいて、ガスも電気セット割でお得に利用できます。
ガスの事業者は各電力会社。

ここでも、Pontaポイントがたまります!
ポイントがまとまるのも嬉しいですよね(^^♪

九州電力エリアも拡大するかも?

2020年8月時点では上記3つの電力会社エリアのみガスプランの提供が確認できました。
九州電力エリアでも、ガス自由化に参入しているようなのでそのうち提供開始するかと思われます!

ただし、ご自宅のガスがプロパンガスの場合は新ガスの契約は難しいです。

auPAYでPontaをもっと貯めよう

auPAY QuickPAY※比べるインターネット管理人ピカコの携帯画面

携帯料金・ネット代・固定電話代・電気代・ガス代。
すべてPontaポイントが貯まるようになったら、他にもまとめられるものがないか探したくなりますよね。

auPAYを使って、コンビニやスーパーなどで支払いをすると、さらにPontaが貯まっていきます。
キャッシュレス決済・バーコード決済がだんだん浸透してきましたが、auPAYで支払いできるお店・できないお店もあります。

auPAYはNGだけど、QuickPAY はOKな店舗は多いので、Apple WalletやGooglePAY にもauPAYを登録しておくと無駄なく貯めていくことができます。

クレジットカードもauPAYにすると、チャージする場合にもPontaが貯まり便利です(^^♪

まとめ

以上、auユーザーの皆さんのための料金プランの見直しをしてきました(^_-)-☆
これまでの話をまとると・・・

★au携帯料金の見直し
 → 携帯料金が自分にピッタリになるだけでなく解約違約金が1,000円になる

★ネット回線の見直し
 → auスマートバリュー適用で携帯代も安くなる
 → WEB上の代理店サイト経由で申し込み・契約するのがおすすめ
 → (エリア確認も料金比較もしてくれてキャッシュバックも受け取れるから)

★でんきの見直し
 → auでんきにするだけでPontaポイントが貯まってお得になる

★ガスの見直し
 → 都市ガスエリアはガスもまとめてPontaが貯まってお得になる

auユーザーはPontaポイントをフル活用してもっともっとお得になりおすすめです!
ポイントも馬鹿にできない時代です。
まとめられるものはまとめて、管理もしやすくポイントも貯めやすく、もっと便利に、もっとお得にしちゃいましょう。

管理人

ピカコ

ピカコ

比べるインターネットの管理人のピカコです! [詳細]

人気記事