比べるインターネット!

フレッツ光・auひかり・ソフトバンク光などのインターネット回線を比べて、自分にとって何が一番お得な光回線なのかを紹介します!

【保存版】携帯料金の見直しの手引き。料金プラン比較と注意事項

【保存版】携帯料金の見直しの手引き。料金プラン比較と注意事項

総務省のHPに「携帯電話ポータルサイト」が公開されたようです。

全国の皆さんに、”自分に合った携帯プラン”が選べるように、基礎的なことや注意事項を教えてくれています。

大手キャリアに限らず、格安SIM各社の新料金プランも出そろいましたので、私も便乗して。
皆さんに合った携帯料金プランを、もっと踏み込んで提案したいと思います。

携帯会社の選び方

MNO(Mobile Network Operator)
自社でネットワーク設備を持っている会社
MNO
MVNO(Mobile Virtual Network Operator)
MNOからネットワークを借りて提供している会社
MVNO

※総務省携帯電話ポータルサイトより引用

従来よりある大手キャリア(MNO)に限らず、格安SIM各社(MVNO)は上記以外にも無数にあります。

比べるインターネット管理人ピカコが推奨する、携帯会社の選び方のポイントは大きく分けて4つです。

  • 提供エリア
  • 家族構成
  • ショップのサポートが欲しいか
  • 安定したネット回線が欲しいか

料金は安いに越したことはありませんが、上記4つのポイントから考えて、最安値のものを見つけると、料金にもサービスにも満足すると思います。

それでは順番にみていきましょう。

提供エリア

日本地図

【NTTドコモ】【au】【softbank】【楽天モバイル】各社、提供エリアが異なります。
人口カバー率が高いキャリアでも、自分の生活圏にエリアが網羅されていなければ、快適に使うことができません。

例えば、普段使いには問題ないソフトバンクでも、(九州の山奥出身)比べるインターネット管理人ピカコの祖母の家に行くと、圏外になってしまいます。

私自身にとっては、ドコモかauのネットワークを使っている携帯会社で選びたいところです。

■NTTドコモの提供エリア
■auの提供エリア
■SoftBankの提供エリア
■楽天モバイルの提供エリア

格安SIM各社の利用できる回線

格安SIM\ネットワークNTT_docomo_company_logos.svg

現在使っている同じ回線(ネットワーク)を使うのであれば、スマホはそのまま、SIMを差し換えるだけで格安SIMへ乗り換えることができます。

知っておこう!初期契約解除制度

携帯電話の電波は、地図上は提供エリアと判定されていても、実際使ってみたら電波が弱く、通信が快適にできない場合もあります。

その場合は、「初期契約解除制度」という制度が設けられており、(通信業界のクーリングオフ制度のようなもの)契約から8日以内であれば、解約違約金がかからずに解約することができます。

ただし、契約時に発生した契約事務手数料やSIM発行手数料、インターネット回線の工事費、番号ポータビリティの転出手数料など、かかった実費は自己負担になります。

家族構成(学割申し込みは例年5月末までの傾向)

家族構成

家族割とは別物、「学割」を提供している携帯会社も多いです。
学割とは名ばかりで、学生でなくても、対象年齢であれば適用されるキャンペーン。

対象年齢の家族がいれば、家族も一緒に学割価格で利用できちゃうので、ぜひ活用したいもの。

他にも、学割こそ使えずとも、格安SIMの会社でも家族でおトクになる割引を提供しているところもあるので、家族構成も携帯会社を選ぶポイントになります。

学割
docomo22歳まで
au
SoftBank
UQmobile18歳まで
Y!mobile

上記の学割の月額料金は、学生も家族も990円!で利用できます。割引適用期間は8か月~1年間など、プランやキャリアによって異なりますが、UQモバイルやワイモバイルは縛りなしで契約できるので、契約更新月を考えずにいつでも解約できるので魅力的です。

家族でおトクにできる格安SIM

格安SIM割引内容
ion-mobile・(25歳以下)学割あり
・シェア音声プランで最大5回線まで
・5回線まで220円割引
・2回線目以降4回線まで220円割引

OCNモバイルONEやBIGLOBEモバイルは、それぞれの格安SIMのプランから割引をおこなってくれます。

イオンモバイルの場合は、家族全員で足りるデータ容量を契約し、みんなでデータ容量を分け合って使うイメージの「シェア音声プラン」で、各々で足りるデータ容量を契約するよりもぐっと安い料金で利用することができます。地方に根付いたイオンだからか?学割も25歳まで適用OKで、太っ腹です。

ショップのサポートが必要か

サポート

ショップでのサポートがどうしても外せない方は以下の携帯会社(料金プラン)が選択肢になります。

  • ドコモ※ahamoを除く
  • au/UQモバイル※povoを除く
  • softbank/Y!mobile※LINEMOを除く
  • 楽天モバイル
  • イオンモバイル

ドコモやau、ソフトバンクのショップは馴染みがありますが、各キャリアとも2021年春にリリースした【ahamo】【povo】【LINEMO】は、ショップでのサポートを受けることができません。(その分安い料金設定になっている)

UQモバイルやワイモバイルは、キャリアのサブブランドでショップ展開もしているので、サポートを受けることができます。

格安SIM各社では、オンラインがメインで、ショップを持っているところは少なく、
総務省の携帯電話ポータルサイトで掲載されている格安SIMの会社では、イオンモバイルであれば、店頭で(もちろんイオンで)サポートを受けることができます。

安定したネット回線が欲しいか

快適なネット環境

オンライン会議・オンライン授業など、増えてきましたよね。
他にも、オンラインゲームを快適にしたい人もいるでしょう。

大手キャリアの【データ容量無制限】プランもありますが、携帯電話の電波は、光回線に比べるとまだまだ不安定。
5Gが本格普及したらわかりませんが、そんなのまだまだ先の話です。

私の場合は仕事でも、オンラインゲームでも、オンライン飲み会でも、安定したネット回線が必要なので、携帯電話とは別に光回線が必要な人です。

自宅に光回線があれば、WiFi環境が整うので、携帯電話のデータ容量も、実はそんなに必要ではありません。
(WiFi環境下では、スマホのデータ通信は必要なく、通信できるので)

余談ですが、参考までにお伝えすると、私自身の毎月のデータ容量は1GB未満で足りる感じです。
ちょっと外出が増えちゃうと、時々1GBをほんの少し超えてしまって、とても損した気持ちになってしまうのが実状です。

ネット回線ホームタイプマンションタイプ
ドコモ光5,720円~4,400円
auひかり6,160円~4,730円~
ソフトバンク光5,720円4,180円
楽天ひかり5,280円4,180円
ビッグローブ光5,478円4,378円
IIJひかり5,456円4,356円
OCN光5,610円3,960円

セット割がなくても同じ品質で安いネット回線もある

携帯電話とスマホはセット割で安くなる、がこれまでのトレンドだったのですが、新料金プランの【ahamo】【povo】【LINEMO】などは、各社が提供しているネット回線とのセット割を適用することはできません。

■参考

これらは、どちらもフレッツ光回線を卸し受けて提供しているネット回線なので、ドコモ光やソフトバンク光と基本は一緒。

・セット割を考えるのが面倒
・セット割のない携帯料金プランにする

そんな方々には、超おすすめネット回線です。

携帯電話ポータルサイトに沿って考えてみよう

さて、比べるインターネット管理人ピカコが推奨する、携帯会社の選び方のポイント5つをチェックしたので、ここからは総務省の携帯電話ポータルサイトに沿って、ご自分に合った携帯電話を探してみましょう。

まずは、自分の契約内容とデータ容量の使用量を確認する

自分(家族も併せて)、携帯料金の契約内容をご存じでしょうか?
マイページから、契約内容をチェックすることもできますし、データ容量の利用状況を確認することができます。

家族の分は、開示権限があるかどうかによって閲覧できないケースもありますが、全国の皆さんが今、まさに携帯料金の見直しを図っている時期。
保険やローンのようにそこまで大きな労力はかからないので、ぜひ家族で相談してみましょう。

WiFiに繋ぐと、データ使用量はぐっと減る

自宅に光回線を引いて(その分通信料はかかるけど)、安定した速度のネットが使い放題になります。
繰り返しになりますが携帯電話もWiFi接続すれば、携帯のデータ容量は使わずに通信できます。

月末に、マイページで自分の契約しているデータ容量の残量をチェックして、「本当に必要なデータ容量」を確認してみましょう。

■参考;比べるインターネット管理人ピカコのデータ容量の使用履歴

管理人ピカコのデータ使用料

私の場合は、1GBだとちょっと不安な感じなので、毎月2GBあれば、通信制限を気にせずスマホを使えることになります。

契約更新月以外に解約すると解約違約金が発生する場合がある

通信業界あるあるの2年縛り。
契約更新月以外の解約では、昔のプランでは約1万円、最近のプラン(2019年秋以降)では1,100円の解約違約金が発生する場合があります。

ここ数年プラン変更を行っていない場合は、約1万円かかると思っておいた方がいいです。
もしも携帯電話会社を乗り換えたい場合は、WEBで最近のプランにプラン変更をしておくと、解約違約金を1100円にできるので、契約更新月までまだまだ先の場合は、まずはプラン変更をしておきましょう。(ショップでもプラン変更できますが、手数料で1回線につき3,300円ほど取られちゃいます)

契約更新月の考え方はキャリアによって異なります。こちらもマイページで確認することができますが、わからない場合はサポートに電話しても教えてくれます。

セット割の対象でない携帯料金プランもある

ドコモ×ドコモ光、au×auひかり(ビッグローブ光や全国の電力会社系列のネット回線やケーブルテレビ)、softbank×ソフトバンク光など、ネット回線とセットにすることで携帯料金が安くなるプランがこれまで主流だった大手キャリアの携帯料金プラン。

しかし、2021年春スタートの新料金プランは、各社ともセット割の対象にはならず、家族割も対象外。

家族で自分だけ新料金プランに変更したり、乗り換えをすれば、家族の携帯料金が上がってしまう場合もあります。

また、ソフトバンク光の場合は、携帯とのセット割(おうち割)を組むために必要なオプション3点セットがあり、これらはセット割を組むことでパック料金で利用できるもの。
もしも、おうち割を外れる場合は、必須オプション3つがパック料金で利用できなくなるので、2,000円弱ソフトバンク光のネット料金が上がってしまうので注意が必要です。

今使っているスマホをそのまま使うと、端末代はかからない

スマホって高いですよね。iPhoneも10万円くらいしちゃいます。
マイページで請求金額をみると、スマホの端末代を未だに分割で支払っている人も少なくないのではないでしょうか。

わざわざ新しいスマホを買わなくても、SIMのみの契約で乗り換えることもできるので、無駄な出費を抑えることもできます。

SIMのみの購入をすれば通信会社だけ変わる感じなので、使い慣れたスマホはそのまま使えます。

バッテリー交換でもっと長く使える

同じ端末を数年使用すると、電池の持ちが悪くなったりして、「そろそろスマホの変え時かな」って思ったりもしますよね。

スマホの機種変まですると、データの移行なども面倒だし、端末代もかかってしまいます。

iPhoneの場合は、AppleCare+に加入しているひとは、バッテリー交換は無料で行えますし、加入していない人でも、iPhoneX~12は8,140 円、その他のiPhoneは5,940円でバッテリー交換ができます。

androidの場合でも、購入したショップの修理受付やメーカーの認定修理店があるので、6,000円~7,000円程度で持ち込んでバッテリー交換をしてもらうこともできます。

新しいスマホが欲しいわけではない方は、バッテリー交換もおすすめです。

おすすめの携帯会社(プラン)とネット回線

これまでの話を元に、選択肢に挙げるべき携帯会社や料金プランを確認してみましょう。

NTT_docomo_company_logos.svg

・5Gを思い切り使いたいひと向け
・ネットとスマホと請求をまとめたい人(安くはない)
・手厚いサポートを受けたい人

楽天の電波が生活圏に入っていれば
超おすすめ
povoLINEMO
・20GBのみなので20GBも使わない人には不向き
・ショップのサポートは受けられない
・ネットとのセット割・家族割も適用外
・家族でお得にできる
・ネットとセット割
・Musicカウントフリーが無料
・通話料がアプリ経由せずに半額
・学割が魅力的
・シニアにもおすすめの料金プランあり
・ショップがある安心感
イオンモバイル
・家族でお得にできる
・イオンでサポートも受けられる
・細かいデータ容量プラン
・家族でお得にできる
・1年間特典料金でめ
・ネットとセット割
・エンタメフリーオプション
・トリプルキャリア対応
・5G通信オプション220円
・ユーザー同士でデータを分け合える
・ネットとセット割

ちなみに比べるインターネット管理人ピカコは、auからUQモバイルへ乗り換えました◎
キャリアとサブブランド間であれば、契約事務手数料や解約違約金が無料であることも念頭に置いて置きましょう。

データ容量ごとの最安料金

それぞれのメリットやデメリットはわかったけど、結局一番安いのはどれか、知りたいですよね。

家族割やネット回線とのセット割を全く考慮せずに、1GB~無制限までの各データ容量の最安値を紹介します。

キャリア

データ容量
MNOMVNO
1GB
無料!

770円
2GB
858円
3GB
1,078円

990円
4GB
1,078円
5GBイオンモバイル


1,518円
6GB
1,320円
7GBイオンモバイル
1,738円
8GB
1,518円
9GBイオンモバイル
1,958円
10GB
1,760円
12GBイオンモバイル
2,178円
14GBイオンモバイル
2,288円
20GB
2,178円

2,068円
25GB
3,828円
30GBイオンモバイル
4,378円
40GBイオンモバイル
5,478円
50GBイオンモバイル
6,578円
無制限
3,278円

ぜひ参考にしてみてください◎

通話プランもついでにチェック

総務省の携帯電話ポータルサイトに掲載されている各社、【通話し放題】【5分以内何度でも無料】などの通話料金のオプションを準備しています。

基本的には、通話料金はどの会社も共通して【22円(税込)/30秒】です。(OCNモバイルONEのみ【11円(税込)/30秒】)

他にも、指定したアプリを経由すれば通話料は半額になったり(楽天モバイルは無料)、同キャリア同士なら無料、とかありますが、通話し放題プランでも料金設定が様々。

とはいえ、通話料金に関しては安いに越したことはないので、各携帯電話会社の通話料金プランも後程比較してみたいと思います。

通常通話料金色んなかけ放題国内完全かけ放題
docomo22円/30秒5分かけ放題:770円1,870円
ahamo標準付帯1,100円
au22円/30秒5分かけ放題:880円1,980円
povo5分かけ放題:550円1,650円
UQモバイル月60分まで:550円10分かけ放題:770円1,870円
SoftBank22円/30秒5分かけ放題:880円1,980円
LINEMO5分かけ放題:550円1,650円
Y!mobile10分かけ放題:770円1,870円
楽天モバイル22円/30秒(アプリ経由でかけ放題無料)
IIJmio22円/30秒
(アプリ経由で11円/30秒)
誰とでも3分・家族で10分
660円
誰とでも10分・家族で30分
913円
イオンモバイル22円/30秒
(アプリ経由で11円/30秒)
アプリ経由で
10分かけ放題:935円
BIGLOBEモバイル22円/30秒
(アプリ経由で11円/30秒)
3分かけ放題:660円
60分まで:660円
10分かけ放題:913円
90分まで:913円
mineo22円/30秒
(アプリ経由で11円/30秒)
10分かけ放題:935円30分まで:924円60分まで:1,848円
OCNモバイルONE11円/30秒10分かけ放題:935円トップ3かけ放題:935円1,430円

最安値を赤くしてみました。

通話料金については、OCNモバイルONEがアプリを経由しないでも11円/30秒で利用できるので、アプリ経由するのが何気に面倒な人に向いています。

自社でネットワーク設備を持っているMNO各社が、色々なかけ放題では安めの傾向にあることがわかりますね。
この春発表の新料金プラン【ahamo】【povo】【LINEMO】が、かけ放題の部分では最安値ですが、これらはデータ容量20GBのプランしか持ち得ていないので、ご自身のデータ容量の使用度も併せてもう少し考える必要がありそうです。

格安SIMではOCNモバイルONEがおすすめ※ショップはなし

ocn-mobile

最安値一覧でも明らかになったOCNモバイルONEの安さ!

1GB770円
3GB990円
6GB1,320円
10GB1,760円

上記の料金に、自宅にOCN光を引くと、更に220円割引で利用できます。
他社が学割で1年間だけ安くする価格よりも安い価格でずっと使い続けることができます。

アプリ経由なしで【11円/30秒】の通話料金

携帯電話の通話料金は【22円/秒】の携帯会社ばかりの中、OCNモバイルONEだけは半額。
アプリ経由であれば半額になる格安SIM各社もありますが、電話帳に登録していないと発信できない。アプリでは着信履歴からの折り返しができない。など、不便な点も多々あります。

それが解消された、2021年4月スタートの新料金プラン。超おすすめです。

OCNモバイルONEを申し込む

OCN光は代理店申し込みで高額キャッシュバックもGETできる

OCN光への申し込みはコチラから

OCNモバイルONEとセット割を組んで、スマホ代も安くなるし、キャッシュバックもGETできるし、一石二鳥です!

ショップのサポートが欲しいならイオンモバイル

イオンモバイル

イオンモバイルは、イオンでのサポートはもちろんですが、シェア音声プランが魅力的。

「家族で足りるデータ容量」を契約して、家族で分けあって使うシェア音声プランは、家族一人ひとりが足りるデータ容量を契約するよりも安く利用できます。

シニア向けのわかりやすい料金プランもあるので、家族全員で安心して利用できるのがイオンモバイルです。

イオンモバイル

光回線のセット割が組めるものがないので、安いネット回線をシンプルに選ぼう

イオンモバイルではWiFiルーターもありますが、光回線ではないので、オンライン会議やオンラインゲームには向いていません。

安定したネット回線が必要であれば、工事費無料の安いネット回線の導入を検討しましょう。

まとめ

大手キャリアや新料金プラン、格安SIM各社の特徴や料金などを簡単にまとめてきました。

格安SIMも加わり、沢山ありすぎてわからない携帯会社ですがこれまで紹介してきたように、

  • 提供エリア
  • 家族構成
  • ショップのサポートが欲しいか
  • 安定したネット回線が欲しいか

これらを元に、ぜひ考えてみてくださいね。

 

管理人

ピカコ

ピカコ

比べるインターネットの管理人のピカコです! [詳細]

人気記事